いつもゼロから



black&white interior store YOKOHAMA

  1 / 252 pages >>


2018.12.08 Saturday

curious

 

1347

 

ピエルジャコモ、アキッレ・カスティリオーニ兄弟が手がけた照明、ブラックアンドホワイト。

 

一見するとただ光っているように見えるが、この照明は内部と下部に電球が仕組まれている。内部はこのオパールガラスで覆われたシェードを通して光が穏やかに拡散する。下部に仕組まれた電球は、ポリッシュされたアルミの反射板を通して机上を照らすようになっており、カチカチとスイッチを押すことで内部・下部・全照と光を選べる仕組みを持った、とても機能的な照明なのである。

 

照明、家具、食器、オーディオ、衛生陶器、展示会場のデザイン、etc..。彼はあらゆるものをデザインしたイタリア人デザイナー。

どこかユーモアがあるのだけど、そこから辿っていくと、とても機能的で知的なデザインであることがわかる。難解な言葉を並び立ててそのものを語るのでは無く、彼は『ほらね。』って見せて、グッと好奇心を持たせてくれるっていうのが僕なりの彼のデザインの解釈。

 

先日、FLOSのショウルームで行なわれた、彼の娘さんによる照明作品のガイドツアーに参加した。10数年以上前に訪れたミラノのスタジオで受けたガイドから、とても茶目っ気あるガイドになって、会ったことはないけれど、お父さんもきっとそんな人柄だったのだろうなぁと想像していた。

 

"If you are not curious, forget it" - Achille Castiglioni  at  FLOS SPACE(12月12日まで)

(最近出たBRUTUSとともに、必見の展示です〜! )

 

 

Lighting designed by Pier Giacomo and Achille Castiglioni brothers, Black and White.

 

At first glance it looks like it is shining, but this lighting has light bulbs organized inside and at the bottom. The light gently diffuses inside through the shade covered with this opal glass. The light bulb structured at the bottom illuminates the desk through a polished aluminum reflector. It is a very functional lighting with a mechanism that allows you to select internal, lower, full light and light by pushing the switch.

 

Lighting, furniture, dishes, audio, sanitary ware, exhibition hall design, etc ... He is an Italian designer who has worked on many designs.
Having a sense of humor and keeping track of the design makes me realize that it is a very functional and intelligent design. Rather than arranging esoteric words and telling themselves, he just shows " You see! " and makes me curious.

 

The other day, I participated in a guided tour of lighting work by his daughter, which was held in the showroom of FLOS. From the guide in Milan's studio that I visited more than 10 years ago, she has become a very humorous guide.  I have never met Achille, but I guess he probably was such a person!

 

 

 

 



  
2018.12.02 Sunday

photograph | camera

 

1346

 

『写真を撮ること』がとても身近な行為となった。

 

写真として記録する行為、表現する行為はカメラという撮影機材を使っている。

スイス人アーティストのTaiyo Onorato & Nico Krebsが、2011年に出版した2冊組の写真集『AS LONG AS IT PHOTOGRAPHS / IT MUST BE CAMERA』には、カメラと写真を1冊づつのテーマとして扱われている。

 

彼らはこの写真集に登場するカメラを自作し、架空の会社をつくってebayで販売している。またそのカメラをネット上のフォーラムに投稿し、愛好家たちと談議を交わした様子も写真集内に収められている。その一方では静物や風景、建築など様々な状況で撮影された写真を掲載しており、写真表現の可能性を示してくれているかのよう。

 

写真とカメラ。

タイトルも含め、改めてその関係性に思考を巡らせてくれるポスターと写真集のセットをご紹介します。

 

 

 

ウェブストア『”As Long As It Photographs" poster + photo books』はこちら。

 

 

 

 

black&white
横浜市中区山下町276-1 カネサカビル2F
営業時間 12:00〜19:00(火曜−土曜)

               12:00〜18:00(日曜・祝日)
定休日 毎週月曜日

tel 045(228)8430
e-mail info@bkandwh.com
(商品等、ご不明な点ございましたら、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。)

 

 

 

 



  
2018.11.27 Tuesday

press

 

1345

source: Casa BRUTUS

 

当店取り扱いのブランケット(Geomerisation / Vision)、ラグ(OYYO NO2 collection "Ostra")等が Casa BRURUS.com にてご紹介頂きました。

 

 

 

 



  
2018.11.24 Saturday

in residence - muller van severen

source: NOWNESS

 

 

 

 



  
2018.11.18 Sunday

お休みのお知らせ

 

誠に勝手ながら、11月20日(火)・21日(水)は、都合によりお休みとさせて頂きます。ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

店主

 

Reversible "Vision"

 

 

 

 



  
2018.11.17 Saturday

painting | sculpture

 

1343

 

Michael Borremans  |  Mark Manders at  GALLERY KOYANAGI

 

 

 

 



  
2018.11.10 Saturday

press

 

1342

 

大人のおしゃれ手帖 12月号』 Otona Life にて当店をご紹介頂きました。ぜひご覧下さい。

 

 

 

 



  
|Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

|Search

|Category

|NewEntry

|Comment

|Archives

|Profile

RSS
ATOM
管理者ページ