いつもゼロから



black&white interior store YOKOHAMA

  1 / 3 pages >>


2017.12.12 Tuesday

enoura

 

1248

 

風が強い日だったけど、澄み渡る空と海が、とても穏やかな気持ちにさせてくれる場所だっだ。

 

江之浦測候所

 

 

It was a windy day, but the clear sky and the sea made me feel very calm.

 

Enoura Observatory

 

 

 

 



  
2017.11.12 Sunday

colette

 

1239

 

店内の賑わいを見ていると、来月閉店するなんてホント嘘みたいだった。素敵なお店。

 

 

When I looked at the crowd in the store, it seemed like a lie to close next month. The colette is very lovely shop.

 

 

 

 



  
2017.11.05 Sunday

a grain of sand

 

1237-1

 

今年は生憎の天候だった、アイントホーフェン。

 

先月開催されていたDucth Design Week 2017で見たものを、いくつか紹介したいと思う。

 

 

It was unfortunate weather, Eindhoven.

 

I would like to introduce some of what I saw at the Ducth Design Week 2017 that was held last month.

 

 

 

"Time Included Cloth"

 

テキスタイルは使うことで品質が低下していく。これは洗濯や摩耗、太陽光などに曝されることによって、生地を変化させて価値を与えていくというコンセプトに基づいてつくられたテキスタイル。使うことで左側から右側の生地へと変化していく。

消費社会に向けられて考案され、昨年のDAEの卒業制作にも発表されている。

 

 

"Time Included Cloth"

 

Using textiles degrades the quality. This is a textile made based on the concept of changing the fabric and giving value by being exposed to washing, abrasion, sunlight etc. By using it changes from the left side to the right side fabric.
It was devised for consumption society and was announced in graduation show of Design Academy Eindvohen 2016.

 

 

1237-2

 

今年のDAE卒業制作展キュレーターは、卒業生でもある”Formafantasma”だそう。

 

 

This year's DAE graduation show curator was "Formafantasma".

 

 

1237-3

 

これは、段ボールをハニカム構造に組んだ、折りたたみ式の畑のようなもの。乾燥した難民キャンプ地での使用を想定していて、砂漠の土を充填して種と水を加えることで、段ボールの壁が植物の腐食を守り、水の浸透を促進するのだそう。また植物の成長に合わせ、この壁は無くなる仕組み。

 

生活を再建するためのものとして考案された作品。短期的な解決策として設計された難民キャンプに彼らが滞在する時間は、平均で17年にも及ぶのだそう。すべてを投げ打って国を追われた人たちが待ち受ける現実に愕然としてしまう。

 

 

This is like a foldable field made of cardboard in a honeycomb structure. It is supposed to be used in a dry refugee camp site, filling the desert soil and adding seeds and water, the corrugated cardboard will protect corrosion of plants and promote water penetration. Also according to the growth of the plant, this wall will be gone.

 

This work was invented as a way to rebuild life. The average time for refugees to stay in camps is as long as 17 years. I was shocked by the reality that refugees who were forced to suffer receive.

 

 

1237-4

 

 

Dutch wifeと名付けられた、こちらのブランケット。

 

オランダがかつてインドネシアを植民地支配していた時代、手前に見える竹で編まれた塊は抱き枕としてつくられた。これをDucth wifeと呼ぶのだそう。日本語の解釈と全く違う。熱帯気候のインドネシアで、就寝中にこれを抱いて寝る事にによって、竹から冷感を感じられるそうだ。

 

デザイナーはインドネシアを旅行して、オランダに置いても殆ど知られていないこのDucth wifeを介して2国間にある過去を紐解き、ブランケットとして現代に解釈して、歴史や工芸などを一考するプロダクトとして作り上げている。

 

 

This blanket named Dutch wife.

 

At the time the Netherlands dominated Indonesia as a colony, the cylinder knitted with this bamboo was made as a holding pillow. It seems to call this Ducth wife. It is totally different from the meaning of Japanese. In Indonesia in a tropical climate, it seems that you feel a cold feeling from bamboo by holding this while going to bed.

 

Designers who traveled in Indonesia have made this as a product to reconsider history and crafting by unraveling the past between two countries through this almost unknown Ducth wife, interpreting it as a blanket in contemporary times.

 

 

 

 

卒業制作とは別ではあったが、キノコなどの自然に生育した菌糸類を消費製品の持続可能な材料として開発中のプロジェクトも紹介されていた。

 

 

Although it was different from graduation show,  a project that has developed mycelials such as mushrooms as sustainable materials of consumer products was introduced.

 

 

 

 

場所が変わり、昨年にも紹介した”BAARS BLOEMHOFF”というインテリア素材を扱う企業のブース。

 

studio truly trulyが手がけたこの照明は、ブルテンボードという壁面などで使用される仕上げ材を主に使っている。上の写真は素材の裏面から見たもので、再生可能な自然素材でつくられており、軽くてしなやか。色のバリエーションも豊富で、日本国内にもこの素材は入ってきている。

 

 

The place has changed, and it was also introduced last year, "BAARS BLOEMHOFF" booth of companies dealing with interior materials.

 

This lighting designed by studio truly truly mainly uses finishing materials used on walls such as the bulltin board. The above picture is seen from the back of the material, it is made from renewable natural materials, light and supple. Various color variations are abundant, and this material is also introduced in Japan.

 

 

 

Atelier NLは、多くの人でとても賑わっていた。

 

 

Atelier NL was crowded with so many people.

 

 

 

彼女たちが今年のDDWで発表したのは、一般参加型のアートプロジェクトとして世界約400ヶ所から送られてきた『砂』を使った展示。

 

”ひと粒の砂に世界を見て

一輪の野花に天国を見る。

手のひらに無限をとらえ、

ひと時の中に永遠をとらえる。” 

 

18世紀のイギリスの詩人”ウイリアム・ブレイク”の詩。このプロジェクトの精神としているのだそう。

 

 

Their project of this year uses "sand" sent from about 400 places worldwide as an art project that anyone can participate.

 

"To see a World in a Grain of Sand
And a Heaven in a Wild Flower
Hold Infinty in the palm of your hand
And Eternity in an hour "

 

Poetry of British poet "William Blake" of the 18th century. It is the spirit of this project.

 

 

 

 

彼女たちはこれまでのリサーチを元にして、ペットボトルの中に送られてきた各地の砂をガラスに溶かし、その土地の色とテクスチャーを明らかにして見せていた。

 

 

Based on their own experiences, they melted the sand of each place sent in the glass, showing the color and texture of the land clearly.

 

 

1237-12

 

砂は巨大な岩が多くの時間を掛けて変遷し、粒へとなっていったもの。

この1つ1つの粒にはそれぞれの物語を持っており、砂の中に見える世界は、私たちの世界にも見えるものと彼女たちは捉えているようだ。

 

現在と過去を伝えるこの砂たちが、私たちの多様性を語るものであり、一人一人に今の時代を考えるきっかけを投げかけてくれる展示。見事な手法に気持ちがグッとなる。

 

 

DDWへ来る度に肌で感じられる数々の問いかけは、僕の大きな道標の1つを示してくれている。

 

 

The sand was a giant rock that changed over time and became grains.
Each of these grains has its own story, and they seem to think that the world that they see in the sand can be seen in our world as well.

 

This sand telling current and past talks about our diversity, an exhibition that will give each person a chance to think about the present era. I respected the brilliant method.

 


A number of questions that make me feel DDW every year is my guiding light.

 

 

 

 



  
2017.10.31 Tuesday

windows

 

1235

 

肌寒さで目が覚めると、少し開いた天窓から風が入っていた。

 

消し忘れたテレビから母国語でない言葉が溢れる。僕はしばらくぼーっとしながら、この窓から見える爽快に晴れた景色を眺めていた。シャワーの出が悪い屋根裏部屋だったけど、小銭入れにあったコインは全部置いて出て行った。

 

 

When I awoke with chilly weather, wind was blowing through a slightly opened skylight.

 

French language is overflowing from TV which forgot to turn off the switch. I was dazed for a while, I was looking at the refreshingly sunny view from this window. Although it was an attic room with a poor shower, I left all the coins that were in the coin purse.

 

 

 

 



  
2017.06.27 Tuesday

yamanashi

 

1186

 

日本の名水の1つとしても選定された清流には、圧倒的な力がみなぎってて、僕らがいかに小さな存在かを認識させられる。でも、この圧倒的な力は僕らを含めたすべてのものたちに、豊かな恵を与えてくれる。

 

写真を見返しながら、もうちょっと背筋をピンとしなくちゃなと、ふと思った。

 

 

The clear stream chosen as one of Japan's famous water is overwhelmingly powerful, and we can recognize how small we are. But this overwhelming power gives rich blessings to everything including us.
 
While looking at the picture, I need to shape up, I think.

 

 

 

 



  
2017.03.14 Tuesday

moa

 

1152-2

 

1152-1

 

車でトコトコと湾曲した細い坂道をしばらく登っていくと、山肌に沿ってその場所は現れる。

曇天だったけど、町と海を臨む景色がとても穏やかな気持ちにさせてくれた。素敵なとこだったなぁ。

 

MOA美術館

 

 

As I climbed a narrow slope curved with cars for a while, the place appeared along the mountain surface.
It was cloudy, but the view over the town and the sea made me feel very calm. A wonderful place.

 

MOA MUSEUM OF ART

 

 

 

 



  
2017.03.03 Friday

inspired

 

source: Lufthansa

 

 

 

 



  
2016.12.11 Sunday

ddw 2016

 

1112-1

 

2016年のDucth Design Week。 最初に訪れた会場で目に入ったカーペット。

 

大きな展示会場のKlokgebouwでは、"No Waste"(廃棄物なし)というコンセプトに基づいて会場構成。この会場内で使われている什器等は、パートナー企業から無償で提供されたものを使用し、すべての材料が再利用・リサイクルされるようになっていた。

 

今年のDDWのテーマは『The making of』 製作のプロセスとデザイナー・メーカーに焦点を当てたものだそう。また2015年のテーマ『It's your world』の続編にもなっているらしい。僕らが普段よく使っている製品は、材料の採掘をはじめ、どのような過程を経て出来ているのかを改めて考えさせられる。

 

 

Ducth Design Week in 2016. The carpet that I saw at the first place I visited.

 

At Klokgebouw, a large exhibition hall, the venue was constructed based on the concept of "No Waste" (no waste). Furniture etc used at this venue was used free of charge from partner companies and all materials were reused and recycled.

 

This year's theme of DDW is "The making of". It seems to focus on the manufacturing process and designer · manufacturer. It was also a sequel to the theme "It's your world" in 2015. Products that we usually use often make me think again about what process we are going through, including the mining of materials.

 

 

1112-2

 

1112-3

 

”The Toaster Project”という、トースターを1から作るプロジェクト。イギリス人のデザイナー、Thomas Thwaitesが2009年に発表したものだそう。制作過程のビデオが面白い。過去にTEDでも登壇していて、彼のプロジェクトを見ることができる。

別の会場では彼の別のプロジェクトである、”Goat  Man"という自身がヤギになるプロジェクトも紹介されていた。とってもユニークな人。笑

 

 

"The Toaster Project", a project to create a toaster from the beginning. British designer Thomas Thwaites announced in 2009. The video of the production process is interesting. He has been in the past at TED and can see his project.
At another venue, his project, "Goat Man", which was another project of himself was going to be a goat project was introduced. A very unique person!

 

 

1112-4

 

こちらは、環境汚染の問題が普及する合成プラスチックの代替えとなる素材として、海藻をベースとした天然素材の代替え品をつくる試み。海藻を使うアイデアはこれ以外にも、繊維を利用してテキスタイルにするアイデアもあり、注目されている素材のようだ。

 

 

This is a project to make substitute products of seaweed-based natural materials as a substitute material for synthetic plastics, where problems of environmental pollution spread. Other ideas using seaweed are attracting attention because there are ideas to make textiles using fibers.

 

 

1112-28

 

1112-27

 

今年のDutch Design Award。

 

当店でも来年入荷する Christien Meindertsmaの"Flax chair"や、CHANELで使われたガラスのレンガなどなど...各部門別にノミネート。訪れた人はファイナリストの作品を見て、会場内で渡されるコインを使い、気に入った作品に投票をできる。

 

 

This year's Dutch Design Award.

 

Christian Meindertsma 's "Flax chair" arriving in our store next year and glass bricks used in CHANEL, etc...nominated for each category. The visitor saw the Finalists' work and used the coins handed in the venue to vote for the work they liked.

 

 

1112-26

 

1112-25

 

今月の23日からZuiderzee Museum行われる、オランダのデザインレーベル”Thomas Eyck”の展示『10 Years Thomas Eyck』が一部公開されていた。

 

 

A part of the exhibition "10 Years Thomas Eyck" of the Netherlands design label "Thomas Eyck" which will be held at Zuiderzee Museum from 23th this month was released.

 

 

 

source: stiching MU

 

Jetske VisserとMichiel Martensによる、Reflecting HOLONというインスタレーション。シャボン玉のような不思議な素材。動画も見つけたので良ければご覧ください〜!

 

 

An installation called Reflecting HOLON by Jetske Visser and Michiel Martens. Mysterious material like soap bubble. Also please watch the movie.

 

 

 

1112-5

 

Design Academy Eindhovenの卒業制作展。

 

これはTamara Orjolaという方が発表していた、松の葉を利用して作られた椅子とラグ。欧州では毎年6億本の松の木が伐採されて、松の葉は未使用になっているそう。彼女はそこに着目して研究し、繊維製品の代替えとなることを発見。その素材を利用してこの作品の発表となった。

環境問題・社会問題を意識した作品がここ数年見ていても増えてきている。

 

 

Graduation work exhibition of Design Academy Eindhoven.

 

This is a chair and rug made using the pine needle released by Tamara Orjola. In Europe, 600 million pine trees are harvested every year, and pine needles are unused. She focused on that, she discovered that it would be a substitute for textile products. This material was used as an announcement of this work.
Works that are conscious of environmental and social problems are increasing.

 

 

c

 

こちらはBAARS & BLOEMHOFFというインテリア素材を扱うオランダの企業が、6組のデザイナーに同社の素材を使ってプロダクトをつくる展示。

 

 

This is a maker of interior materials, BAARS & BLOEMHOFF, exhibited to make products using the company 's materials for 6 pairs of designers.

 

 

1112-10

Daphna Laurens

 

Daphna Laurensは、デザインにアートを融合させる男女2人組のデザイナー。

 

彼らは、亜麻仁油を主原料とした天然素材である家具用のリノリウム素材を用いて、照明・家具・小物入れを展示。色の組み合わせが素晴らしかった。

 

 

Daphna Laurens is a designer that combines art with design.

 

They exhibited lighting, furniture and accessories using linoleum material for furniture which is natural material with linseed oil as the main raw material.
The combination of colors was wonderful.

 

 

1112-9

rENs

 

rENsは、色と素材について探求し様々な企業とコラボレーションする2人組の女性デザイナー。

 

この展示では、BAARS & BLOEMHOFFが供給する『黒』それぞれの素材にフォーカスして作られた作品。形は積み木からインスピレーションされているそうだが、ミニマムな彫刻作品にも感じられる。

 

 

rENs is a designer who explores colors and materials and collaborates with various companies.

 

In this exhibition, works made by focusing on the materials of "black" supplied by BAARS & BLOEMHOFF. The shape seems to be inspired from building blocks, and it looked like a minimalist sculpture work.

 

 

1112-11

 

Sectie-Cの会場では、同敷地内にアトリエを構えるNACHO CARBONELLの展示が開催。

 

 

At the venue of Sectie-C, there was an exhibition of NACHO CARBONELL which holds an atelier in the same place.

 

 

1112-12

 

1112-13

 

点けていたら、真夜中あたり頭をカジられてしまいそうなランプ。笑

グッとくる。

 

 

If it was turned on, the lamp seems to be caught head around midnight.
A great work!!

 

 

1112-14

 

そして今年のDDWの大使でもある、MAARTEN BAASの展示へ。

 

 

This year's ambassador of DDW, I headed for the exhibition of MAARTEN BAAS.

 

 

1112-15

 

中に入ると、偶然にも本人に遭遇!

 

 

I came in and found him by chance!

 

 

1112-16

 

1112-20

 

彼のデザイナーとしての活動が15周年だそうで、DDWも同じく15周年になるそう。

展示ではこれまでの作品と、鉄と真鍮を組み合わせて作られた最新作の家具シリーズ、"Close Parity" が初お披露目となっていた。

 

 

Activity as his designer seems to be the 15th anniversary, and DDW is also 15th anniversary.
In the exhibition, the work of the past and the latest furniture series "Close Parity" which was made by combining iron and brass were first announced.

 

 

1112-17

 

Theo Jansenの ”Beach Animal".

 

彼の作品だけでなく、オランダ国内のデザイナーやアーティストの作品も多数展示。

 

 

Theo Jansen's "Beach Animal".

 

Not only his work but also a lot of works by designers and artists in the Netherlands were displayed.

 

 

1112-22

 

1112-23

 

1112-21

 

また予約制になるけど、シェフとコラボレーションしたディナーも楽しめるそう。どんな料理が提供されたんだろう!?

 

 

It seems that we enjoyed dinner collaborated with chef by reservation. What kind of dishe was offered? 

 

 

1112-18

 

 

そして最新作の椅子、Tree Trunk Chair.

 

完成は200年後の2216年だそう。さすがです。笑

ホント最後まで楽しめる展示だったな〜。

 

 

搔い摘んで紹介させて頂いたDDW.

今年も天気に恵まれて、貸し自転車で走り回って会場巡り(クタクタ)。自転車先進国は走りやすくて、アリガタイ!

 

 

And the latest chair, Tree Trunk Chair.

 

It seems that completion will be 2216 years after 200 years. Great!! 
I enjoyed this exhibition very much.


I picked it up and introduced DDW.
I was blessed with the weather this year and I ran around with a bicycle for rent. Bicycle developed countries are easier to run, thank you!

 

 

1112-24

 

最後は、スキポール空港出発ロビーに今年設置された"Schiphol Clock" (by MAARTEN BAAS)を。

デカーイ!!

 

 

Finally, I'll introduce 'Schiphol Clock' which was set up in Schipol airport departure lobby this year!

 

 

 



  
2016.11.12 Saturday

biennale interieur 

 

1104-1

 

アムステルダム中央駅から乗車した電車がベルギーに近づき、太陽の昇り始めた頃の街は深い霧に包まれていた。

 

先月、僕は昨年も訪れた街 ベルギー・コルトレイクに向かっていた。2年毎に開催される"Biennale INTERIEUR"を見るためだった。途中アントワープ近郊で乗り換えた駅が間違えていることに気づくも、電車はすでに発車オーライ。ホームに佇みながらも、一度来たことへの安心感からか、どこか楽観的な気分だった。

 

 

The train which I got from Amsterdam Central Station approached Belgium and the city around the time the sun began to rise was wrapped in a deep fog.

 

Last month I was heading to Kortrijk(Belgium), the city I visited last year. Because I wanted to see "Biennale INTERIEUR" which will be held every two years. I noticed that I had the wrong transfer station near Antwerp, but the train had already left. Although I was standing on the platform, I was not worried because I have visited last year.

 

 

1104-2

 

コルトレイクに着く頃、空は穏やかに晴れ渡っていた。

 

駅前には会場へ向かう無料バスの停留所がつくられており、近隣の学生らしき団体や、老若男女さまざま方たちがバスを待っていた。しばらくして現れたバスは、僕らをギュウギュウに乗せてゆったりと会場へと向かった行った。

 

 

When I arrived at Kortrijk, the sky was sunny.

 

A free bus stop to the venue was set up in front of the station, student groups, old and young, men and women waited for the bus. The bus that appeared after a while moved to the venue relaxingly with people crowded.

 

 

 

1104-3

 

駅を出発して10分弱。メイン会場へと到着。

 

入場券売り場をキョロキョロ探して立ち寄り、会場内へと向かう。会場マップがもらえる場所では、親切に効率的な回り方を案内してくれた。

 

 

The bus left the station and arrived at the main venue in about ten minutes.

 

I bought an ticket and entered the venue. When I got the venue map, gentle staff taught me the best way to see the exhibition.

 

 

 

1104-4

 

Biennale INTERIEURは1968年からスタートした欧州のインテリアデザインの展示会で、今回が25回目だそう。

 

開催毎のキュレーターは様々で、古くはレイモンド・ローウィやジオ・ポンティ、90年代以降にはディーター・ラムス、ジャスパー・モリソン、コンスタンティン・グルチッチなど自国以外のデザイナーや建築家なども多数連ね、近年では日本のNendoも。今年はベルギーのOFFICE Kersten Geers と、パートナーでMaarten Van Severenの息子David Van Severenが務めていた。

 

会場の大きさは、6つのホール構成で40,000屬曚匹竜模だが、メーカー以外の展示ブースも多く設けられており、とても見応えがある。またこのメイン会場だけでなく巡回する無料バスで、昨年のブログでも紹介したTextureでの展示とサテライト会場の展示、合計3ヶ所を巡ることができる。

 

 

Biennale INTERIEUR was the interior design exhibition which began in 1968, this time was the 25th time.

 

Every time the curator is various people.
In the past Raymond Rowie and Gio Ponti were in charge. After the 1990s, Dieter · Rams, Jasper Morrison, Konstantin Grcic, etc were in charge, many curated by designers and architects. In recent years, Nendo of Japan was in charge. This year, OFFICE Kersten Geers David Van Severen was in charge.

 

The size of the venue was six holes, about 40,000  in size. The exhibits were various and wonderful. You were able to visit a total of 3 places on the exhibition at The Texture and the satellite venue by taking a free tour bus.

 

 

 

 1104-5

Valerie Traan

 

 1104-6

Maniera

 

 1104-7

Carwan Gallery

 

1104-8

Trix + Robert Haussman

 

日本では馴染みが薄いが、ベルギーにある2つのデザインギャラリー(Valerie Traan・Maniera)に加え、レバノンのデザインギャラリー(Carwan Gallery)、建築家の作品etc...の展示等も所々に設置。

 

 

Two design galleries (Valerie Traan · Maniera) in Belgium, a design gallery in Lebanon (Carwan Gallery), works by architects, etc. were also displayed.

 

 

 

1104-9

 

ソットサス、マールテン、カンパーナ、グルチッチ、倉俣史朗、etc...の過去に手がけられたキャビネットも登場したりと。

 

 

Sottsass, Maarten, Campana, Grcic, Shiro Kuramata etc etc ... The cabinets designed in the past were introduced.

 

 

 

1104-10

 

こちらはアルミサッシなどを手がけるベルギーのメーカーと、フランスのデザインスタジオが共同で手がけたインスタレーション作品。優雅に回転し、現代彫刻のような作品は見蕩れてしまう。

 

 

This is an installation work made by Belgian aluminum manufacturer and French design studio. Elegantly rotating, works like modern sculpture.

 

 

 

1104-15

 

1104-11

 

関連する雑貨商品などを購入できるスペースや、ベルリンにある本屋さんのポップアップショップなども設けられてあったり。

 

またベルギーのプロダクトブース・若手デザイナーのブース、Biennale INTERIEURにおいてノミネートされた空間・プロダクトとそれぞれのインテリア・アワードの展示もある。

 

 

There were shops where related products were able to buy, and pop-up shops of book stores from Berlin.

 

A product booth in Belgium, a booth by a young designer, an interior award at Biennale INTERIEUR was exhibited.

 

 

 

1104-16

 

1104-12

 

1104-13

 

展示会としての機能はもちろんあるのだけど、プロだけでない、広範な人々へ見せることを目的としたBiennale INTERIEUR。

 

紹介した展示に加え、複数のレストランスペースとBarが、場内至る所に完備されている。老若男女がマインドの高い展示を肩肘張らずに楽しめるよう、環境が整っている。

目的がブレずに開催され続けてきたことが、個人的にとても伝わってきた。

 

 

Of course, it has a role as an exhibition, but not only for professionals, Biennale INTERIEUR aimed to display for a broad general public.

 

Not only the exhibit that I introduced but also several restaurant spaces and bars were set up all over the place. The environment was in place so that all people will be able to enjoy high quality exhibits easily.
I understand very well why Biennale INTERIEUR attracts many people.

 

 

 

1104-14

 

会場を出る際、入場券とセットで購入したカタログとおまけのシャンパン(実はビール。)をピックアップ。展示はどうだったかとスタッフの方が気さくに話かけてくれて『最高す!』と伝えてたら、『次回もおいで。』と笑顔。

 

シンプルに『楽しい!』と思う展示だったなぁ。

 

 

When I left the venue, I picked up the catalog I bought and the extra beer. "How was the exhibition? From the staff Friendly speaking to me. I said," It was wonderful!"  She said me with a smile, "Please come again next time”. 

 

I thought that Biennale INTERIEUR was really "fun."

 

 

 

 



  
2016.08.30 Tuesday

oya

 

1077-1

 

1077-2

 

1077-3

 

1077-4

 

1077-5

 

大正から昭和の時代に約70年ほどかけて出来た地下採掘場は、遠い昔にあった神殿のようにも見えて、僅かに入る太陽光が何かを啓示しているようにも感じられる雰囲気...。

 

大谷資料館

 

 

Underground mine made through the years of about 70 years, looks like a temple was in the ancient times, sunlight entering the slightly looked to as the revelation of God.

 

Oya history museum

 

 

 

 



  
|Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

|Search

|Category

|NewEntry

|Comment

|Archives

|Profile

RSS
ATOM
管理者ページ