いつもゼロから



black&white interior store YOKOHAMA

Entry: <<  main  >>

2017.11.05 Sunday

a grain of sand

 

1237-1

 

今年は生憎の天候だった、アイントホーフェン。

 

先月開催されていたDucth Design Week 2017で見たものを、いくつか紹介したいと思う。

 

 

It was unfortunate weather, Eindhoven.

 

I would like to introduce some of what I saw at the Ducth Design Week 2017 that was held last month.

 

 

 

"Time Included Cloth"

 

テキスタイルは使うことで品質が低下していく。これは洗濯や摩耗、太陽光などに曝されることによって、生地を変化させて価値を与えていくというコンセプトに基づいてつくられたテキスタイル。使うことで左側から右側の生地へと変化していく。

消費社会に向けられて考案され、昨年のDAEの卒業制作にも発表されている。

 

 

"Time Included Cloth"

 

Using textiles degrades the quality. This is a textile made based on the concept of changing the fabric and giving value by being exposed to washing, abrasion, sunlight etc. By using it changes from the left side to the right side fabric.
It was devised for consumption society and was announced in graduation show of Design Academy Eindvohen 2016.

 

 

1237-2

 

今年のDAE卒業制作展キュレーターは、卒業生でもある”Formafantasma”だそう。

 

 

This year's DAE graduation show curator was "Formafantasma".

 

 

1237-3

 

これは、段ボールをハニカム構造に組んだ、折りたたみ式の畑のようなもの。乾燥した難民キャンプ地での使用を想定していて、砂漠の土を充填して種と水を加えることで、段ボールの壁が植物の腐食を守り、水の浸透を促進するのだそう。また植物の成長に合わせ、この壁は無くなる仕組み。

 

生活を再建するためのものとして考案された作品。短期的な解決策として設計された難民キャンプに彼らが滞在する時間は、平均で17年にも及ぶのだそう。すべてを投げ打って国を追われた人たちが待ち受ける現実に愕然としてしまう。

 

 

This is like a foldable field made of cardboard in a honeycomb structure. It is supposed to be used in a dry refugee camp site, filling the desert soil and adding seeds and water, the corrugated cardboard will protect corrosion of plants and promote water penetration. Also according to the growth of the plant, this wall will be gone.

 

This work was invented as a way to rebuild life. The average time for refugees to stay in camps is as long as 17 years. I was shocked by the reality that refugees who were forced to suffer receive.

 

 

1237-4

 

 

Dutch wifeと名付けられた、こちらのブランケット。

 

オランダがかつてインドネシアを植民地支配していた時代、手前に見える竹で編まれた塊は抱き枕としてつくられた。これをDucth wifeと呼ぶのだそう。日本語の解釈と全く違う。熱帯気候のインドネシアで、就寝中にこれを抱いて寝る事にによって、竹から冷感を感じられるそうだ。

 

デザイナーはインドネシアを旅行して、オランダに置いても殆ど知られていないこのDucth wifeを介して2国間にある過去を紐解き、ブランケットとして現代に解釈して、歴史や工芸などを一考するプロダクトとして作り上げている。

 

 

This blanket named Dutch wife.

 

At the time the Netherlands dominated Indonesia as a colony, the cylinder knitted with this bamboo was made as a holding pillow. It seems to call this Ducth wife. It is totally different from the meaning of Japanese. In Indonesia in a tropical climate, it seems that you feel a cold feeling from bamboo by holding this while going to bed.

 

Designers who traveled in Indonesia have made this as a product to reconsider history and crafting by unraveling the past between two countries through this almost unknown Ducth wife, interpreting it as a blanket in contemporary times.

 

 

 

 

卒業制作とは別ではあったが、キノコなどの自然に生育した菌糸類を消費製品の持続可能な材料として開発中のプロジェクトも紹介されていた。

 

 

Although it was different from graduation show,  a project that has developed mycelials such as mushrooms as sustainable materials of consumer products was introduced.

 

 

 

 

場所が変わり、昨年にも紹介した”BAARS BLOEMHOFF”というインテリア素材を扱う企業のブース。

 

studio truly trulyが手がけたこの照明は、ブルテンボードという壁面などで使用される仕上げ材を主に使っている。上の写真は素材の裏面から見たもので、再生可能な自然素材でつくられており、軽くてしなやか。色のバリエーションも豊富で、日本国内にもこの素材は入ってきている。

 

 

The place has changed, and it was also introduced last year, "BAARS BLOEMHOFF" booth of companies dealing with interior materials.

 

This lighting designed by studio truly truly mainly uses finishing materials used on walls such as the bulltin board. The above picture is seen from the back of the material, it is made from renewable natural materials, light and supple. Various color variations are abundant, and this material is also introduced in Japan.

 

 

 

Atelier NLは、多くの人でとても賑わっていた。

 

 

Atelier NL was crowded with so many people.

 

 

 

彼女たちが今年のDDWで発表したのは、一般参加型のアートプロジェクトとして世界約400ヶ所から送られてきた『砂』を使った展示。

 

”ひと粒の砂に世界を見て

一輪の野花に天国を見る。

手のひらに無限をとらえ、

ひと時の中に永遠をとらえる。” 

 

18世紀のイギリスの詩人”ウイリアム・ブレイク”の詩。このプロジェクトの精神としているのだそう。

 

 

Their project of this year uses "sand" sent from about 400 places worldwide as an art project that anyone can participate.

 

"To see a World in a Grain of Sand
And a Heaven in a Wild Flower
Hold Infinty in the palm of your hand
And Eternity in an hour "

 

Poetry of British poet "William Blake" of the 18th century. It is the spirit of this project.

 

 

 

 

彼女たちはこれまでのリサーチを元にして、ペットボトルの中に送られてきた各地の砂をガラスに溶かし、その土地の色とテクスチャーを明らかにして見せていた。

 

 

Based on their own experiences, they melted the sand of each place sent in the glass, showing the color and texture of the land clearly.

 

 

1237-12

 

砂は巨大な岩が多くの時間を掛けて変遷し、粒へとなっていったもの。

この1つ1つの粒にはそれぞれの物語を持っており、砂の中に見える世界は、私たちの世界にも見えるものと彼女たちは捉えているようだ。

 

現在と過去を伝えるこの砂たちが、私たちの多様性を語るものであり、一人一人に今の時代を考えるきっかけを投げかけてくれる展示。見事な手法に気持ちがグッとなる。

 

 

DDWへ来る度に肌で感じられる数々の問いかけは、僕の大きな道標の1つを示してくれている。

 

 

The sand was a giant rock that changed over time and became grains.
Each of these grains has its own story, and they seem to think that the world that they see in the sand can be seen in our world as well.

 

This sand telling current and past talks about our diversity, an exhibition that will give each person a chance to think about the present era. I respected the brilliant method.

 


A number of questions that make me feel DDW every year is my guiding light.

 

 

 

 



  

|Comment









|Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

|Search

|Category

|NewEntry

|Comment

|Archives

|Profile

RSS
ATOM
管理者ページ